カゼトソラ

築60年越えの古民家で、ゆっくりと流れる時間。

自家製干物と日本酒とオーガニックの野菜料理、
そして自家製粉の荒挽蕎麦。

看板も案内もない店の
女将なhiroの、あくまでも、どこまでも、ひとりごと。



12月ですね

 

なんかもう、12月なんですねー。

今年もあとわずか。早いのか遅いのか。

 

先日の野菜盛り合わせ。

それぞれのお野菜が、とてもおいしいです。

人参も始まりました。すごく生命力にあふれた味です。

スティックと、和え物と、焼いて魚のソースを乗せたのと。

 

いただいたものを、いろいろと。みなさま、ありがとうございます。

かわいいミニブーケ。玄関にお花があると、明るくなりますね。

いつもこころに花束を。ソウイウヒトニ、ワタシハナリタイ。

 

なんだかすごい、こだわりのポテトチップをいただきました。

おいしくいただきました。瞬殺です。珍しいものをありがとうございます。

しお味、王道。チーズ味、これ好きー。焼き林檎味、ほの甘い新しい味。

減りが偏ったので、全部開けて混ぜてみました。

ロ、ロシアンルーレットポテチ・・・。楽しませていただきました。

世の中にはいろんなものがあるんですねー。

 

会員からの紹介、それだけでなく

オーナーが認めた方だけが会員になれるという村上開新堂さん。

そちらの洋菓子屋さん、山本道子の店のお菓子詰め合わせ。

こちらのお菓子も入手が簡単ではないとかで、

貴重なものを、ありがとうございます。

これがとってもおいしくて。これは!という感じ。

こういうのがあるんだなあと、ほんとに勉強させてもらいました。

 

有機栽培の紅玉がやってきたので、タルトタタンを何度か作りました。

(ブログを更新していない間に・・・。)

しかし、紅玉のホットケーキもあり、

りんごがバッティングするということで、ちょっと作りづらい。

hiro的には、りんごづくしでおもしろいんじゃないかと、

なんなら他もりんごのお菓子にして・・・と思ったりするけれど、

まあそれはまた別の機会にやったらおもしろいかも。

タルトタタンは、型からはずしたときの、つやとエッジがいいんですよね〜。

 

さて、店主がfacebookページで書いていましたが、先日

雑司ヶ谷の手作り市に行ってきました。

出店はできなかったんですが、勉強させてもらおうと思って。

久しぶりに都電に乗りたいと思い、大塚で乗り換えるつもりで山手線に。

しかし大塚から都電には乗らず、そのまま徒歩で茗荷谷近くのラーメン屋さんに。

おいしいラーメンをいただいて、そこからまた徒歩で会場の鬼子母神へ。

トータルで5キロくらい歩いて、会場についたときにはもう2時を回っていて。

もうほとんど、お菓子の店は終わってましたねー。残念でした。

行くのが遅いっ(泣)。

 

だけどもだっけーどー(児島よしおのフレーズで)、

すぐ近くの通りで古本のフリマをやっていて、

そこで見つけた彫の入った塗りの菓子入れに心奪われてしまい。

さんざん迷って一旦買わずに去ったのですが、

それからもさんざん悩んでうろうろして結局戻って譲っていただきました。

20cmくらいのほどよい大きさで、なんとも味があるんだな〜。

新しくないからいいんですよね〜、これがまた。

ひとつしかないけど、これにお菓子を詰め合わせちゃうとか、

お弁当風にお菓子やケーキを入れてお出しするとか、

それはそれはもう「妄想モード」突入しまくりで

ドキドキしちゃったりして。興奮して鼻血出そう。

 

このあとは東武デパートで素晴らしいソフトクリームにも出会ったし

ラーメンといい、この菓子箱といい、いい出会いの日でした。

 

 

*********************************************************

「カゼトソラ おやつラボ」facebookページも更新中!

https://www.facebook.com/kazetosoraoyatsu/posts/331169530699160

*********************************************************

 

 

 

 

 

 

 

 

| つぶやき | 14:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
トマト

11月のてづくり市は、残念ながら選にもれました・・・。

出るかもなんて言ってしまったみなさま、大変お騒がせしました。

そのうちまた、どこか出店が決まりましたらお知らせしますので

どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

ではでは。

お客さまからいろいろお土産をいただきました!

天狗のチーズあられとゴーヤーかりんとう。

天狗さんのは以前、カレーにこしょうと、攻めてるシリーズをいただきましたが

チーズははじめて。まろやかなチーズ味。

左右から手が伸び、あっという間に・・・。

かりんとうは、思わず「ゴーヤ!?」と口に出てしまいました。

何が出てくるんだろうかとドキドキしましたが、

見た目がかりんとうだったので、むしろそれに驚いたりして(笑)。

苦みもなくサクサクでおいしかったです。

いつも楽しいものを、ありがとうございます^^。

 

甘栗と、ふきん。われら甘栗大好き一家です。甘栗万歳。

わたしたちのからだには甘栗の血が流れているのです。(うそ)

ふきんも、水をぐんぐん吸い取る便利グッズ。かわいいシロクマくん!

使わせていただきます。いつもありがとうございます^^。

 

なんじゃこりゃあ!このシャレオツなバッグとパッケージは?

すごいかっこいいの。アガるわー。

中身も大変シャレオツなドーナツでした。アガるわー。勉強になるなー。

まるでケーキのようなドーナツ。大人のドーナツ。おいしかったですー。

オシャレで遊び心もあって、ピンクのドーナツのトッピングには

ポッピングキャンディーが入っていたりして、

まあ、hiroの世代だと「ドンパッチ」ですね!

ドーナツをもぐもぐすると、口の中でパチパチいうの。おもしろい。

hiroも自分のお菓子にパチパチキャンディ入れてみよっかな?

なんてことを言うと絶対に店主が「やめろー!」って言いますね。(笑)

あ、それでロシアンルーレットお菓子なんてどうでしょう?なんて。

どうもありがとうございました!

 

そして、ひよ子!おぬしはいつもかわいいのう。秋バージョンだわ。

黄身あん、大好きー。ダンスィー氏が貪っておりました。

 

おみやげと一緒に、温かいお心も頂戴しております。

みなさま本当に、いつもいつもお気遣いありがとうございます。

 

さて。

先週の野菜のお料理。もずくが映ってないですが。

いま入ってきているお野菜の大多数は、

長野の自然農(無肥料・無農薬・不耕起)の農家さんのもの。

どれも、はっとするような、力強い大地の味がします。

しかしときには、ものが小さかったり形が悪かったりもします。

以前、その農家のお兄さんと話をしたときに、

その地域でずっと慣行栽培をしている大きな農家の方からは

「あんなの作って」と、ばかにされたりすることもあると言っていました。

hiroも悲しいです。ものの価値は、求める人にはわかります。

こんなお野菜を作る人と知り合えて、分けていただけて、

みなさんに食べていただけて、そこに関わることができて、

本当にありがたいなあと思います。

店主もほんと、hiroがこうしていうのは変かもしれませんけど、

どこからか、ひとが探さないようなところから、

いいものを探して見つけて引っ張ってくるんですよねー。

 

ほんで、写真のトマトなんですけどね。

やっぱ、お料理の中に「赤」があると、映えますねー。うんうん。

前述のお兄さんのおいしいトマト。

このトマト、マリネにしてあるんですよ。

もう先週でトマトは終わりかなーってことだったんですけども、

先々週くらいまで、味沁みと口当たりを考えて、湯むきしてたんですよ。

ずっとそう思ってはいたんですよ、皮ごと食べるのおいしいんだけどなって。

手間かけて皮剥いて、でもその皮捨てちゃう。もったいないなってずっと思ってて。

こんな素晴らしいお野菜出してるのに、やっぱ剥かなくてもいいじゃんって思って、

ようやく最後の週になって、剥かないで、

切り目を入れるだけにして皮ごとマリネにしたんですけど、

こっちの方が断然おいしいの!!!ガビーン!

わたしはなんてことをしてしまったんだあああって思いました!

いや、剥いたのもおいしかったんですよ、もちろんそれは。でもそれ以上に。

そのものがもう完成しているので、hiroが手を加えるのはちょっとだけでよかった。

先入観でいろいろやってしまうこともあるけど、

どうしたらそれをより生かせるか、柔軟な対応が必要ですね。

勉強になりました。いやはや、

お兄さん、お客様のみなさま、店主様、

大変申し訳ございませんでしたーーーーっ。

 

先週は、お誕生日のお客様がいらしたので。

デザートにつけるプレートを。シュー皮の生地で。もちろん食べられます。

予備で二つ作ったんですが、なんと他のお客さまにもお誕生日の方が!

なんというタイミング。デザートに、これとローソクを立てて。

どちらの方も喜んでくださったようで何よりでした。

 

先週の、ある日のデザート。

自家製アイスクリーム(キャラメル・ラズベリー)

オーガニックナッツたっぷりのクロッカン

桑の葉のショートブレッド

バスクのチーズケーキ

シュークリーム

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 20:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
グラスフェットバター

facebookページで店主がちらっと書いてましたが、

グラスフェットバターを使い始めました。

 

その名の通り、その牛たちは、自然な牧草だけ食べて育つそうです。

広大な土地で放牧されてストレスのない状態で暮らしているというのもポイントらしい。

普通の牛乳にはほとんど含まれていない、不飽和脂肪酸が多いのだとか。

いろいろと体にいい栄養が含まれているそうですが、それについては

最近話題になってますし、もっと詳しい方がたくさんいらっしゃるので。。。

 

ちょっと写真がよくないですが(汗)、

色が違うのがわかっていただけるかと思います。

右がグラスフェットバター、左がいつも使っている発酵バターです。

グラスフェット、とても黄色いです。

左が白いのではなくて、右が黄色いんですよ。

はじめて見た時は、びっくりしました。

黄色いのは牧草のカロテンによるものなんだって。


最初にこのバターを切っているときに気づいたのだけれど、

脂がさらさらしているんですよ。指についた感じが。

べたつかないの。これは不思議だなあと思いました。

洗いものも、hiroは普段、

バターのついたものなんかは拭き取ってから洗うので、

それほど洗い物であぶらっぽさと格闘することはないのだけれど、

そうはいっても普通のバターだとなかなか落ちないようなそれが、

グラスフェットだとそれほどでもないというか。

・・・通じてるかな?(汗)

 

そういえば、いま、うちのまかないにいただいているイベリコ豚。

イベリコ豚といってもいろいろランクがあるらしく。

放牧されて、どんぐりを食べて暮らしているイベリコ豚は

ベジョータ(スペイン語で「どんぐり」)と呼ばれるそうで、

うちのはまさにそれなのだけど、

このベジョータの脂もさらさらしてるんですよね。

旨味はそれはもうすごいんだけど、あまりべとつかず、

口の中で噛んでると、さらさら溶けてなくなっちゃうんですよね。

 

ちょいと調べてみましたら、

ベジョータも不飽和脂肪酸が多く含まれるとか。

それが関係しているのかな?

放牧でストレスがない(少ない)・自然なもの(牧草・どんぐり)を

食べてるっていうところがキモなんですかねー。
 

ちょっと(大幅に?)話がずれちゃいましたが、

グラスフェットバターの味わいは、

思ったよりも、あっさりしているなというのが第一印象でした。

おいしいですよ。

香りが強いとか、うまみが強いとか、そういうのではないのだけれど、

気が付くと手が伸びてるんですよ!

店主が作ったパンの前に、発酵バターとグラスフェットバターと並べて。

最初は「発酵バターはやっぱいい香りだねー」なんて言いながら

食べてたんですけど、だんだんとグラスフェットが多くなって、

しまいにはグラスフェットばかり減っている、という。

いまでは店主はすっかりグラスフェットしか使わなくなってしまいました。

いくらでも食べられるというか、飽きないというか。

 

それでやっぱりhiroが何をするかというと、そりゃあお菓子です。

バターを味わう、ショートブレッド!

左がいつもの発酵バター、右がグラスフェットです。

やっぱり色が違うのでわかります。

うーん、どちらもおいしい。

発酵バターはもう、香りが。ザ・ショートブレッドです。

グラスフェットは、香りは発酵バターほどではありませんが、

やさしい味わいです。

そして、どちらも捨てがたいけど、イメージとしてはやっぱ、

発酵バターかな・・・と。

他のお菓子も、これからいろいろ作ってみないとわかりませんが、

hiro的には、いままでどおり、発酵バターを中心にして、

ところどころでグラスフェットを使っていくイメージか、と

最初は思ってたんですが・・・ですが・・・

 

だけど、せっかくのカゼトソラ。

野菜で言えば、店主が有機や無農薬やらのみならず、

できる限り雄性不稔のことまで気にかけて食材を扱っているのだから、

ご縁があって手に入った、

自然な環境で自然な食べ物を食べて暮らしている牛たちのバターを

hiroのお菓子でもメインに据えるのは至極道理にかなっているかなあと。

まあこれは、店主が提案してくれたことなんですけどね。

グラスフェットをメインのバターにやっていってみたらどうかな?と。

はじめはうーん?と思ったけれど、考えているうちにそれもそうかと。

 

レシピを工夫して、グラスフェットのよさをぐっと生かせるようにして

みなさんにお出しできるようにしたいと思います。

とはいえ発酵バターの香りも好きなので、うまく使っていけたら。

そんな大それたことはいわないけれど、

ひとがやってない、ニッチなところいけたらおもしろいですね。

 

 

 

| カゼトソラ | 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
お蔵入りになったハナシ

元気ですかーーーーーっ!

 

しばらく書いていないと、書きたいことや画像がたまってしまって

何から書いていいのかわからなくなります。

 

というわけで今回は。(どんなわけで)

夏休みの間に、カゼトソラがテレビに出はぐった話でもしますかね?

 

山にまつわる3人の方の活動を紹介する、

NHKBSの90分の「山の日」スペシャル番組で、

うちで山菜をいただいている、出羽三山の山伏である成瀬さんが

そのうちのお一人だったんです。

テレビ放送は8月だったんですが、

山菜の時期(6月)にうちでその山菜を調理しているところと、

できたお料理を撮影したのです。

お店の名前などは出ないということでしたけどね。

ただ、放送直前まで、それが使われるかどうかはわからないということで。

 

で、放送当日の朝。電話がかかってきました。使われませんでした。

カメラマンさんご自身が、とてもいいものができたのでぜひ使いたかったのです、と、

放送するように戦ってくださったんだそうですが、残念でした。

 

よかったです、みなさんに宣伝しなくて(苦笑)。

 

せっかくなので、放送当日、観ました。

山伏さんが山菜を収穫する姿もみたかったので。

 

テレビの映像をカメラで撮って、ブログに書こうかと思ったのですが、

著作権のこととかあるかなーということで、hiroが描いてみました。

さあ、まずはイメージしましょう・・命が芽吹く、緑の春の山の中を・・・(笑)

山に入り、山の恵みをいただく前に、山の神様に祈りをささげる。

すんごい急斜面をよじ登り、目当ての山菜を収穫します。

 

いつも、ありがたいなあと思ってはいましたが、

実際に山に入っている様子をみて、より一層、

すごいものをいただいているんだなあと

感謝の気持ちが込みあげてきました。ありがたいことです。

こういうのを見せてもらうと、食べるものというのは本当に、

天から与えられたものなんだなあと、それに向き合うことを考えさせられます。

 

番組自体は、人気レゲエグループ「湘南乃風」の若旦那さんが

成瀬さんと一緒に山に入り、自分自身の内側を見つめなおす・・・

というようなしつらえでした。

 

若旦那さんの目には全部同じ草にみえるけど、成瀬さんには

収穫する山菜がぱっとわかるそうです。

最後に、収穫した山菜を山の中で調理して二人で食べる場面があったんですけど

茹でて、切って、たしかナムルだったような・・・?

一見すると、男二人でまさにただの草をムシャムシャ食べているような感じで(爆)、

もう少し色気を出すことはできなかったんだろうか・・・と

俗世に生きるhiroなどは俗なことを考えたりしたわけだけど(苦笑)、

まあ山菜だって、よく考えてみれば、って、考えなくても「草」だし(^^;)

それもまた、ワイルドでいいよね!!とも思うわけで。とりとめない。

 

hiroのこの解説じゃ、わかんねー!とは思いますけども(汗)、

なんだかいい番組でした。

本で言えば、読後感が爽やかだとでもいいましょうか。

 

これに限らずなんですが、自然とともに生きる人たちを見ていると、

人としてのありようとか、生き方とか、いろいろ

胸に去来するものがあるんですよねえ・・・。

 

 

| カゼトソラ | 13:17 | comments(2) | trackbacks(0) |
今年も夏休みをいただきます

さてさて、珍しく連日の投稿です。夏休み効果か。(苦笑)

 

ではさっそく。

 

8月は30日(水)までお休みをいただきます。

31日(木)より営業いたします。

 

・・・何がさっそくだかよくわかりませんが。

みなさまのご来店をお待ちしております。

 

7月の下旬に、柴又で花火大会があったんです。

月曜日だったので、うちはお休み。

近所のスーパーの屋上駐車場からよく見えました。

こんなところで見られるとは。会場まで直線距離で2キロくらい。

買い物客のみなさん、足を止めて見物してらっしゃいました。

花火はいいなあー。ずっと見ていられる。見ていたい。

だけど大小二人のダンスィーがさっさと飽きたので、とっとと撤収。ちっ。

 

さて、次。

自分が住んでいる地域がテレビに出るとなると

ちょっと気になってチェックしてしまうのですが、

JR小岩駅の南側の商店街による

「小岩名物・現金つかみどり」が

有名なんだそうですよ。小岩に来て3年経つけど全く知りませんでした。

一年に2回(夏と暮れ?)あるらしい。

 

それでチケットゲットしました(笑)。ミーハーだなあ(苦笑)。

書いていいのかわからないけど、お店で多めにサービスしてくれたりして

抽選券、6枚ゲットです。

しかし、ここからまたハードルがありまして。

「つかみ取り券」ではないのです。「抽選券」なの。

この抽選に当たらないと、つかみ取りできないの。

そして楽しみにしていたダンスィーが6回ガラガラを回しましたが、

結果・・・全敗です!!ティッシュ6個。

事前に、彼に「当たらなくても怒らないでよ?」と言った時には

「やだなあ、オレだってそんなのわかってるよ〜」なんて

にこにこしてたのに、やっぱり全敗後はぷりぷり怒ってました(苦笑)。

一回くらい、つかみ取りしたかったよね〜。残念でした。

以上、巷で話題の小岩名物体験レポでした。

・・・って、やってないんだからレポになってないんだけどね!(爆)。

 

マスコバド糖のショートブレッド。デザート盛り合わせのひと品に。

店主が

いつも、文句つけようと思って食べてるんだけど、これはつけられないな〜、と。

 

いつも文句つけようと思って食べてるんかい!!

 

思わずツッコミ入れましたがな。

 

そりゃあそうだろう?向上心だよ、向上心。

もっといいもの作ろう、いいもの作ろうと、おまえだって思ってるだろう?

 

そりゃあ、おっしゃるとおりですが。

自分がつくるものに対しても、そうだそうです。

まあ、表現の仕方の問題ですね(^^;)。

伝え方が9割。(どっかで聞いた)

 

文句つけられないってことで、OKですね。OK牧場。

hiro的にはもう少しこうしたいな、こうしてみては?というのがあるので

もっとおいしくなりますよー。(だといいな)

お楽しみに。

 

常連さんから、おみやげ。かわいいーー。いい色使い。

自作の手編みのバッグなんかもお持ちで、ほんとに上手。

かわいかったから、おすそわけ・・・嬉しい。

気にかけてくださり、ありがとうございます。

お菓子のラッピングに使わせていただきますね。

どうもありがとうございます。

 

ではでは今日はこんなところで。

みなさま、おからだ大事に、よい夏をお過ごしくださいませ。

 

 

 

 

**************************************

店主が書く、カゼトソラfacebookページはこちら

https://www.facebook.com/koiwakazetosora/

***************************************

カゼトソラおやつラボのfacebookページも更新中

https://www.facebook.com/kazetosoraoyatsu/

***************************************

 

 

 

 

| カゼトソラ | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE