カゼトソラ

築60年越えの古民家で、ゆっくりと流れる時間。

自家製干物と日本酒とオーガニックの野菜料理、
そして自家製粉の荒挽蕎麦。

看板も案内もない店の
女将なhiroの、あくまでも、どこまでも、ひとりごと。



<< 煙が目にしみる・・・ | main | タルト・タタン >>
雑多なこと
今日は風がすごいですね。
朝はなんともなかったのに、昼ごろ玄関の外に出てみると、
玄関先のもみじ?かえで?の落ち葉がすごいことになっていました。
きれいだな〜。
なんだか楽しくなって、集めて通り道に敷いてみました。

やっているそばから風がピューピュー吹いて、どんどんなくなっていきましたが。
風で飛んでいってしまわなければ、こんな、
落ち葉の絨毯を踏みながらお店に入ってきてもらうなんて、おもしろいと思うんだけど。

しかし寒くなりました。
いいかげん、縁側のこたつも用意することはなくなったのですが
時にはツワモノがいらっしゃるもので、ご用意することもあります。
閉店後の写真。

あらかじめお伝えいただければ、できるだけご用意しますが
くれぐれも重装備でお越しください。

それから。
最近、自家製の白菜漬けをお出ししています。
何年も前から店主に「白菜漬けやってくれよ」と言われ続けてきましたが
なかなか重い腰を上げないhiroに、とうとう店主が痺れを切らして自分で漬けはじめてしまいました。
最初は失敗したりもしましたけど、今ではおいしい白菜漬け職人です。
「これ、自家製なんですか?」と喜んでいただいて、店主もうれしそう。

えーと、もひとつ。

そば粉のキッシュを作ったのですが。
中身は和風に、しめじや豆乳など使って、普通のキッシュよりはあっさりと。
・・・しかし。店主。

オレ、キッシュってあんまり好きじゃないんだよね。

撃沈デス。
店主って、意外と好きじゃないモノが多いんですよね〜。
作ったあとに言われたりして、早く言ってくれよっての。

結局、陽の目をみることはありませんでした・・・。サビシ〜。
hiroがおいしくいただきました。
店主も少し食べたけど。
うまいよ、あ〜、○○さんに出してあげればよかったかなあ、なんて。
出してくれよ〜(泣)。

そんなわけで、相変わらず細々と生きております。



| 遊のこと | 15:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://banto.men-yu.peewee.jp/trackback/1047763
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE