カゼトソラ

築60年越えの古民家で、ゆっくりと流れる時間。

自家製干物と日本酒とオーガニックの野菜料理、
そして自家製粉の荒挽蕎麦。

看板も案内もない店の
女将なhiroの、あくまでも、どこまでも、ひとりごと。



<< ゴールデンウィーク期間 | main | 花のいのちは短くて >>
春の味
 山菜は、入荷状況によって変わるので
その日によって、あったりなかったりと、いつも揃っているわけではないのですけれど

先週から今週にかけて登場したのは

しとき・こしあぶら・たらのめ・いわだら・くわだい・かたくり・山うど・こごみ・ふきのとう、
それから先週のはじめ、少しだけあけびの木の芽が。

うちではてんぷらはやりません。
おひたしやごま和え・ごま酢和え、くるみ和えや醤油漬けなどで召し上がっていただきます。
何もつけずに、そのままでもおいしいものもありますし。
ずっと昔から、雪の国のひとたちは、こんな風にして春を迎えてきたんでしょうね。

華やかさはないけれど
しみじみとした山の味というのか、じっくりと体で味わっていただくというか
こういうのを「滋味」というのだろうな、としみじみ思う味わいです。
てんぷらでないからこそ堪能していただける
うちならではの春の味をお届けできたらいいなと思います。

しかし今年は暖かかったり寒かったりで、山のものも先が読めませんね。
そろそろどうかなと思うと「20cmも雪が降ったからまだまだ!」と言われたり
hiroの田舎に電話しても「今日はものすごく寒くて雨だよ」なんて、
山の方は雪になってるんだろうな〜。

そんなんで入荷もまちまちになるかと思いますが
その分、もしかしたらいつもの年よりも、長く楽しんでいただけるかもしれませんね。どうでしょね。





| つぶやき | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://banto.men-yu.peewee.jp/trackback/1376835
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE