カゼトソラ

築60年越えの古民家で、ゆっくりと流れる時間。

自家製干物と日本酒とオーガニックの野菜料理、
そして自家製粉の荒挽蕎麦。

看板も案内もない店の
女将なhiroの、あくまでも、どこまでも、ひとりごと。



<< 惣菜シリーズ | main | おかげさまで一年です。 >>
ごはんのおとも

最近の〆は、白ごはん。
しばらく炊き込みご飯などをお出ししていましたが
やっぱり、白いごはんのおいしさを味わっていただきたくて。

以前もブログでご紹介しましたが、
滋賀県の自然栽培米を、カゼトソラで精米して、鉄鍋で炊いています。

ごはんが甘くておいしくてびっくりしたとおっしゃってくださる方も。
ありがとうございます。
新米の時期よりも、熟成されてきたんでしょうねー、
うまみ、甘みがでてきたというか、味が乗ってきているなあと思います。

そしてごはんのお供。画像は
どれも自家製の、塩らっきょうにちりめん山椒、塩昆布。
そのまま日本酒のつまみになりますよねー。米ですもんねー。
追加で生卵、TKGもありますよー。


先日、江戸川区船堀の船堀タワーに行ってきました。

地上115mだったかな?
ビルの7階から専用のエレベータがあって、なんと
専属のエレベーターガールがいて
展望室に到着するまでの間、タワーの歴史について生アナウンスしてくれます。
そして360度、なかなかの景色です。
たまに高いところへ行くと、癒されます。
って、安心してください。
「見ろ!ひとがゴミのようだ!」などと叫んだりはしません。たぶん。

エレベーターの中からは外が見えない構造になっていて
見えたらもっといいのになーと思いましたが
それもまた、
到着したときの感動を大きくしようという演出なのかも。たぶん。
帰りのエレベーターの中でも、ガールのお姉さんがアナウンスしてくれます。
しかし、お姉さんがずっと
エレベーターの行き先階ボタンの壁におでこをくっつけるように、
うつむき加減で壁に向かってテープのようにアナウンスしているのには、つい
「アタシのことどう思ってんの?アタシの目を見てアンタの言葉で話してよ!」
などというセリフがよぎったりそうでなかったりしますが、
本当に言ったりはしません。たぶん。言ったら変なひとです。
いや、実際は来客たちの雰囲気を壊さずに己の使命を全うしようとして
ああいうスタイルになるのでしょう。プロフェッショナルです。
もちろんhiroだって、ちゃんとおりこうにお話を聞いて理解して
お礼を言って降りました。hiroだってそれくらいできるんだ。YDK。

そしてこの、いたれりつくせりの展望室、なんと無料です。
うちからは遠いですが、都営線の船堀駅すぐです。
駅での待ち合わせに早く来てしまったら、ぜひどうぞ。
飲食はできませんので注意。
夜もやってるそうです。夜景がきれいでしょうね。花火のときは混むのかな。
画面右よりの赤い点のあたりが、
酒亭カゼトソラのあるあたり。たぶん。もしかしたら。

・・・今日は書いてて「テープ」ってところに時代を感じましたね、自分で!(笑)





 
| カゼトソラ | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://banto.men-yu.peewee.jp/trackback/1377056
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE