カゼトソラ

築60年越えの古民家で、ゆっくりと流れる時間。

自家製干物と日本酒とオーガニックの野菜料理、
そして自家製粉の荒挽蕎麦。

看板も案内もない店の
女将なhiroの、あくまでも、どこまでも、ひとりごと。



<< AKIRAライブ、はっじまっるよー! | main | 飛び込み用意! >>
そば屋の女将のひとりごと

******************************************************
AKIRAライブinコワイカゼトソラ
5月8日(日)13:30開演
前売り(予約)3000円 当日3500円
ライブ後懇親会 3500円(飲み物別)
魂のライブ、生AKIRAを体感せよ!
※懇親会予約はまもなく満席です。ライブのみはまだまだ絶賛受付中!
******************************************************

小岩の街には、桜が少ないような?
それでも、うちの裏手のアパートの敷地内(道路際)に
立派な桜の木があって、見事な満開です。
多くの道行く人が枝の下で立ち止まり、花を見上げています。
桜というのは、なぜだか心に染み入る美しさです。

さてさて。

蕎麦屋になったというのか、戻ったというのか。

店主が

楽しそうです。

仕事のときも、ごはん屋さんだったときよりもなんだか
ずっと、バリっとしています(笑)。
そばに関する仕事のときは、まあ、hiroが関わるのは茹でのときですが、
こう、ビリビリしたものが伝わってきましてね、
以前に比べたらかなり丸くなったとは思いますが、
その辺は健在でした(苦笑)。
店主はビリビリ、hiroはビビリです。(笑うところですよー)

店は相変わらずのんびりモード(苦笑)ですが
とはいえ
落合時代からのお客様も
店主のそばを初めて召し上がったお客様も
喜んでお帰りくださっているようですし、
お店のホームページを久しぶりに開いてくださった方から
「蕎麦再開したんだね!」とご来店の予約をいただいたりと、
本当にありがたい限りです。

そばをお出しした初日、仕事が終わってから
店主がつぶやいたこと。
「俺は製粉のこと、まだまだわかっていなかった」
いまは、あんなこと、そんなこと、これはどうかなと、
いろんなことが湧いてきて、ワクワクしているみたいです。
オラ、わくわくすっぞ(by悟空)

店主は製粉に関してはほぼ独学なのだそうですが、
hiroからみても、とにかく探求家というのか実験屋というのか。
他の人が考えないようなことを考えて、
それを実現させるために、まただれも思いつかないような方法を考えて
当然失敗もいっぱいあるみたいですが(実験屋ですから)、
あーでもない、こーでもない、と近づけていく。

蕎麦とか粉のこととか麺(そばに限らず)のことを質問すると
何でも答えてくれるというのがhiroの中ではあるんですけども
(もちろん、店主の中では「まだまだ」と思ってると思いますが)
それも失敗と成功との実験の賜物なんでしょうね。

好みも十人十色ですし、いろんな評があるかとは思いますが、
店主のそばを「他にない」と賞してくださる方もあり、
そんな独特な店主のそばを、
おもしろがってくださる方がいらっしゃるというのは
hiroにとってもなんとも誇らしく、ありがたいことです。

・・・ってなんか、
今日ちょっと褒めすぎくさくない!?どーする?
てか、どーしてくれんの!?(まさかの逆ギレ)


件の清美オレンジで、シフォンケーキを。
オレンジの香りとふわもち食感。
生クリームとマーマレードを添えて。
あー、オレンジの在庫がもうなくなりそうです。
いろいろ作れて楽しかった・・・。また来年。







 
| カゼトソラ | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://banto.men-yu.peewee.jp/trackback/1377061
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE