カゼトソラ

築60年越えの古民家で、ゆっくりと流れる時間。

自家製干物と日本酒とオーガニックの野菜料理、
そして自家製粉の荒挽蕎麦。

看板も案内もない店の
女将なhiroの、あくまでも、どこまでも、ひとりごと。



<< 飛び込み用意! | main | ヒロー・ヒッローと秘密のネギ >>
そば蕎麦SOBA
************************************
ゴールデンウィークの営業のご案内
4月30日(土)営業します
5月6日(金)・7日(土)営業します
まもなく山菜の季節が始まります!
************************************
************************************
AKIRAライブin小岩カゼトソラ5月8日 
おかげさまで満席となりました!
************************************

蕎麦屋に戻ってからというもの、
そばを打つその時々によっていろいろ試しているので
その時々によって、いろいろなお蕎麦を試食させてもらっています。

微粉(細かい粉)が多い、荒挽きの粉が多い、
その細かさや荒さも配合もさまざま、いつ打ったものなのか、
実の熟成度はどうなのか。そのほか様々な違い。

などなど。
今日はこんな粉で・・・と説明してもらいながら、
厨房で立ったまま、いただく。
いまさらながら、勉強させてもらっています。
いろいろ違って、とてもおもしろいです。

切れやすいけれど、
そばをたぐって口に入れる前からふわーっと香りがしてきて、口の中で広がるそば。
口に入れたときの香りは少ないけれど、歯ごたえがあり、そしてかみ締めていくと、
どんどん口の中でそばの甘みと香りが広がって、鼻に抜けていくそば。
うーん、これはずっと噛んでいたくなるような。
ずっとそうしていたらお皿の蕎麦がのびちゃうんじゃないの?という疑問には、
こんなお蕎麦のときは微粉が多くつながりやすく、
のびる時間も少しはゆっくりになるので、
お蕎麦を前に、おしゃべりに夢中になって・・・というのでなければ、と。
だけど、粗いそばのときはやっぱり、じゃんじゃん召し上がって欲しいそうです。

みなさんには「のびるのが早いので、お早めにどうぞ」と
お声をかけさせていただいていますが
つゆと薬味が届いたら、
ちょこにつゆ(お好みで薬味も)を入れてお待ちいただくくらいで。
うちの常連さんは、そうしてくださってる方が多いので、なんだか嬉しいです。

自分ではいろいろやっていると思っていたけれどそうでもなく、堅かった。
もっと柔軟にやればいいこともいろいろあったと反省している。


なんてぼそっと。
ど、ど、どーしたんすか、店主!?(汗)

またみなさんに、いろいろおもしろがっていただけますように。


 
| カゼトソラ | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://banto.men-yu.peewee.jp/trackback/1377064
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE