カゼトソラ

築60年越えの古民家で、ゆっくりと流れる時間。

自家製干物と日本酒とオーガニックの野菜料理、
そして自家製粉の荒挽蕎麦。

看板も案内もない店の
女将なhiroの、あくまでも、どこまでも、ひとりごと。



<< 2月も半分 | main | ぜんまい >>
まめじまん

 

 

自然栽培の大豆を、カゼトソラで絞ったおから(説明が長い(^^;))

で作った卯の花です。

そのときによって違いますが、写真のは、北海道の自然栽培の黒豆と、

長野の自然栽培の「こうじいらず」という大豆のおからのブレンドです。

 

いろいろ思うところあって

以前作っていたような具だくさんの卯の花ではなく

なるべく少ない具でシンプルなものを・・・と、しばらくやっていましたが

なんだか最近はまた

やっぱり賑やかしいのがいいなあと思うようになり、

写真のは、ひじきが戻ってきました。

黒豆のおからが入っているので黒いのですが

ひじきが入るとさらに黒くなりますねー。

ここの卯の花はおいしいね、と多くの方が言ってくださった、

何年も作り続けているロングセラー品です。

 

それでですね、

北海道の黒豆もおいしいのですが、

この「こうじいらず」がまた。

黄色みがかった大豆で、うまみと甘味がとてもいいです。

同じ品種の豆でも、作る人によって、土の違いなんかもあると思いますけども、

同じようにおいしいとは限りませんが、この豆はとてもおいしいのです。

長野で自然農をされている農家さんのもので

他の野菜も季節を通していろいろいただいていますが、

うちでお出ししているお野菜のNo.1素晴らしい農家さんです。

卯の花も、もちろんいいんですが、

もっとストレートに豆を味わっていただきたいので、

この豆は「ひたし豆」で召し上がっていただこうと思います。

「この豆、旨っ」と声に出してしまうくらい(笑)、おいしいですよー。

だけど、ひたし豆は茹で加減が勝負。

よし!となるか、ふーん?となるか(苦笑)。

時間差で味見をしながら、ここだっ、というところで豆をゆであげます。

 

って、「まめじまん」ってタイトルだけど、豆の画像がないという(苦笑)。

 

左の皿が「干しかたくりの煮物」、右が「ふきのとう塩炒め」です。

かたくりは、春にスミレにも似たきれいな紫色の花をつけます。

山菜の時期にうちでもお出しすることもありますが、

はんなりした味なので、和え物にするよりも

おひたしにして食べることが多いです。ほのかな甘みです。

それを干したものは、こうして煮物にします。

うちではだしも油揚げやかまぼこなども入れずに

醤油とお酒、お砂糖でシンプルに作ります。

日本酒が似合うな〜。

春に収穫して干したものを、収穫がない冬にいただく。

なんという恵みでしょうか。ありがたやありがたや。

ふきのとうも、甘くない味付けで。

苦みがいいのです。ストレート!ふきのとう!という感じです(謎)。

ちょっとずつつまみながら、

こちらも日本酒をやっていただくのにぴったりだと思います。

どちらもしみじみとした味わいです。

 

さて、おやつの時間です。

オーガニックチョコレートたっぷりの、濃厚なブラウニー。

ラムレーズン入り。

ふんわりさっくりのブラウニーもいいけれど

hiroがどっしり濃厚系が好きなので、作るのもやっぱりそうなります。

イベントでも販売しますのでお楽しみに(はあと)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カゼトソラ | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://banto.men-yu.peewee.jp/trackback/1377091
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE