カゼトソラ

築60年越えの古民家で、ゆっくりと流れる時間。

自家製干物と日本酒とオーガニックの野菜料理、
そして自家製粉の荒挽蕎麦。

看板も案内もない店の
女将なhiroの、あくまでも、どこまでも、ひとりごと。



<< お蔵入りになったハナシ | main | トマト >>
グラスフェットバター

facebookページで店主がちらっと書いてましたが、

グラスフェットバターを使い始めました。

 

その名の通り、その牛たちは、自然な牧草だけ食べて育つそうです。

広大な土地で放牧されてストレスのない状態で暮らしているというのもポイントらしい。

普通の牛乳にはほとんど含まれていない、不飽和脂肪酸が多いのだとか。

いろいろと体にいい栄養が含まれているそうですが、それについては

最近話題になってますし、もっと詳しい方がたくさんいらっしゃるので。。。

 

ちょっと写真がよくないですが(汗)、

色が違うのがわかっていただけるかと思います。

右がグラスフェットバター、左がいつも使っている発酵バターです。

グラスフェット、とても黄色いです。

左が白いのではなくて、右が黄色いんですよ。

はじめて見た時は、びっくりしました。

黄色いのは牧草のカロテンによるものなんだって。


最初にこのバターを切っているときに気づいたのだけれど、

脂がさらさらしているんですよ。指についた感じが。

べたつかないの。これは不思議だなあと思いました。

洗いものも、hiroは普段、

バターのついたものなんかは拭き取ってから洗うので、

それほど洗い物であぶらっぽさと格闘することはないのだけれど、

そうはいっても普通のバターだとなかなか落ちないようなそれが、

グラスフェットだとそれほどでもないというか。

・・・通じてるかな?(汗)

 

そういえば、いま、うちのまかないにいただいているイベリコ豚。

イベリコ豚といってもいろいろランクがあるらしく。

放牧されて、どんぐりを食べて暮らしているイベリコ豚は

ベジョータ(スペイン語で「どんぐり」)と呼ばれるそうで、

うちのはまさにそれなのだけど、

このベジョータの脂もさらさらしてるんですよね。

旨味はそれはもうすごいんだけど、あまりべとつかず、

口の中で噛んでると、さらさら溶けてなくなっちゃうんですよね。

 

ちょいと調べてみましたら、

ベジョータも不飽和脂肪酸が多く含まれるとか。

それが関係しているのかな?

放牧でストレスがない(少ない)・自然なもの(牧草・どんぐり)を

食べてるっていうところがキモなんですかねー。
 

ちょっと(大幅に?)話がずれちゃいましたが、

グラスフェットバターの味わいは、

思ったよりも、あっさりしているなというのが第一印象でした。

おいしいですよ。

香りが強いとか、うまみが強いとか、そういうのではないのだけれど、

気が付くと手が伸びてるんですよ!

店主が作ったパンの前に、発酵バターとグラスフェットバターと並べて。

最初は「発酵バターはやっぱいい香りだねー」なんて言いながら

食べてたんですけど、だんだんとグラスフェットが多くなって、

しまいにはグラスフェットばかり減っている、という。

いまでは店主はすっかりグラスフェットしか使わなくなってしまいました。

いくらでも食べられるというか、飽きないというか。

 

それでやっぱりhiroが何をするかというと、そりゃあお菓子です。

バターを味わう、ショートブレッド!

左がいつもの発酵バター、右がグラスフェットです。

やっぱり色が違うのでわかります。

うーん、どちらもおいしい。

発酵バターはもう、香りが。ザ・ショートブレッドです。

グラスフェットは、香りは発酵バターほどではありませんが、

やさしい味わいです。

そして、どちらも捨てがたいけど、イメージとしてはやっぱ、

発酵バターかな・・・と。

他のお菓子も、これからいろいろ作ってみないとわかりませんが、

hiro的には、いままでどおり、発酵バターを中心にして、

ところどころでグラスフェットを使っていくイメージか、と

最初は思ってたんですが・・・ですが・・・

 

だけど、せっかくのカゼトソラ。

野菜で言えば、店主が有機や無農薬やらのみならず、

できる限り雄性不稔のことまで気にかけて食材を扱っているのだから、

ご縁があって手に入った、

自然な環境で自然な食べ物を食べて暮らしている牛たちのバターを

hiroのお菓子でもメインに据えるのは至極道理にかなっているかなあと。

まあこれは、店主が提案してくれたことなんですけどね。

グラスフェットをメインのバターにやっていってみたらどうかな?と。

はじめはうーん?と思ったけれど、考えているうちにそれもそうかと。

 

レシピを工夫して、グラスフェットのよさをぐっと生かせるようにして

みなさんにお出しできるようにしたいと思います。

とはいえ発酵バターの香りも好きなので、うまく使っていけたら。

そんな大それたことはいわないけれど、

ひとがやってない、ニッチなところいけたらおもしろいですね。

 

 

 

| カゼトソラ | 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://banto.men-yu.peewee.jp/trackback/1377102
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE